作業系のユニフォーム

着心地と安全性を重視。企業イメージを引き上げる作業服の選び方

作業服の素材にはグリーン購入法が適用されるものがあります。ISOを取得している企業にとっては、こうしたリサイクルに対しての理解を持っているというアピールは企業イメージの向上にとっても大切な要素の一つです。

職人であれば独自に買う人も少なくない作業服ですが、作業者に統一したユニフォームを提供することは、安全基準を統一することにもつながり、従業員の安全を守ることになります。

チェックポイント

1.安全性

リスクを伴うことが少なくない仕事の場合、ユニフォームが人命を救うことがあります。生地が破れにくい、色落ちしにくいといった特徴は当然ですが、夜間の仕事であれば高い視認性も必要になります。さらに熱を通しにくい、形態安定、静電気防止などの特徴を取り入れることによって、リスク回避の可能性はますます高まります。

2.素材

主な素材はポリエステルとコットンの合成素材ですが、着心地や吸水性なども一つの基準になります。また、再生素材を含んだユニフォームはグリーン購入法が適用されることもあって、企業イメージを引き上げる目的にもそうことになります。

3.イメージ

作業現場は、3Kの象徴のように言われます。そのために若手の採用などに苦慮している企業もあるくらいです。最近のワーク系のユニフォームは、色や型がずいぶん豊富になってきましたので企業イメージを考慮して年齢層にあわせて選択すことも採用面で役立つかもしれません。

取引会社

株式会社自重堂/株式会社ジーベック/株式会社コーコス信岡/株式会社コーコス信岡/ヤマタカ株式会社/中塚被服株式会社その他

お問い合わせはこちらから