「飲食業」の記事一覧

2015年11月掲載【飲食業&サービス業】使い回しができるコスト削減パンツ!すぐれたコストパフォーマンス!

最近、飲食業・サービス業で人材確保が非常に大変になっています。 人の入れ替わりも多い中、ユニフォーム支給も経営者にとっては悩みのタネ! 人材の流動が激しい職場で、新しい人に合ったサイズのユニフォームを、そのたびに支給する...[続きはこちらから]

2013年4月掲載チトセarbe013「Dining&Cafeスタイル3」

Dining&Cafeスタイル3 シングルコックシャツ&ダブルコックシャツ ストレッチツイル(ポリエステル100%) 組み紐ボタン 左胸ポケット、左袖ペン差し付き、両脇スリット シンプルで機能性も抜群! 料理にこ...[続きはこちらから]

2013年4月掲載チトセarbe013「Dining&Cafeスタイル2」

Dining&Cafeスタイル2 ●コックシャツ ストレッチツイル(ポリエステル100%) ワイン・ネイビー・ベージュ ストレッチ・制電・透け防止・防汚 ●エプロン ツイル(ポリエステル100%) ブラック ...[続きはこちらから]

2013年4月掲載チトセarbe013「Dining&Cafeスタイル1」

「Dining&Cafeスタイル」 本日からダイニングカフェに最適なユニフォームを連載してまいります! さて、“ダイニングカフェ”って一体どんな業態? Diningとは「食事」のこと。 ですからDining&am...[続きはこちらから]

2013年4月掲載チトセarbe013「アジアンスタイル1」

スズシイけど、スケナイ技術 通気性と着心地の良さを追求 作業性も良くデザインもいろんな場面で活用できそうです! 中華料理・居酒屋・無国籍料理・・・  ...[続きはこちらから]

2013年4月掲載チトセarbe013「着物スタイル1」

和のココロ 凛とした和の空間を演出する...[続きはこちらから]

2013年4月掲載チトセarbe013「職人スタイル3」

職人スタイル3 小紋柄の鯉口シャツに新色登場 江戸スタイル×フランス柄 あずき・紺・茶・青・赤・紺青 ・体へよりなじみやすくする傾斜を付けた肩口ライン ・脇下にはもちろん、ベンチレーションを設けて ・背中には汗止めも ・...[続きはこちらから]

2013年4月掲載チトセarbe013「職人スタイル2」

日本の伝統美と藍 アイはどんな色 藍:藍染めのための染料はタデ藍を発酵させて作る。 藍玉を用いることが多い。 藍染めは名前のとおり藍色の染色を行うことができ、色が褪せにくいという優れた特徴を持つ。 日本において江戸時代に...[続きはこちらから]

2013年4月掲載チトセarbe013「職人スタイル1」

日本の匠と工房を復活させる志の製品。 帆布エプロン 太陽にも海にもマケナイ、船の帆から生まれた強いエプロン 帆布の“Anything”との共同開発 室町時代から歴史を持つ日本の前掛け。 近年の国内縫製工房の激減に危機感を...[続きはこちらから]

2013年4月掲載チトセarbe013「甚平スタイル1」

古キヲ訪ネテ新シキヲ知ル 麹職人の現場から生まれた仕事着 京都“澤井醤油本店”との共同開発 京都御所の脇で350年の歴史を刻む“澤井醤油本店”。 蔵には蔵ごとの麹菌が住み、その蔵でしか生まれない唯一無二の味を現代に伝えて...[続きはこちらから]

1 / 3123