「企業クリーニング」の記事一覧

2016年1月掲載【企業クリーニング】“シミ”の種類とは?

シミと一口に言っても、その種類や原因は多岐にわたっていますが、油や口紅等の油性、汗やコーヒー・紅茶等の水性と大きくはこの2つに分けられます。   洗う際にはこの種類の見極めや衣類・生地の特性、クリーニング方法等総合的に判...[続きはこちらから]

2015年12月掲載【企業クリーニング】保管する場合は袋から出してくださいね!

クリーニング後の衣服をポリ袋ごと収納しがちですが、これは間違いです。   ポリ袋のまま保管すると、通気性が悪くなって湿気を閉じ込めてしまいます。   カビの繁殖や虫食い、変色などの原因になりますのでご...[続きはこちらから]

2015年12月掲載【企業クリーニング】ユニフォームクリーニング代が個人負担でも会社に取りにまいります!

以前、佐賀新聞で興味深い記事が書かれていました。 外食もクリーニングも「ドライブスルー」に活路!? ファストフード店でおなじみのドライブスルー。車から降りずに買い物ができることから、特に高齢者や小さい子どもと一緒の家族に...[続きはこちらから]

2015年11月掲載【企業クリーニング】新洗濯表示をご存知ですか?その攻略法②

JISが定める「洗濯表示」の変化は大まかに基本図形と付加記号の2つ。 それぞれのポイントを説明しよう。   ■洗い「たらい」、漂白「△」、乾燥「□」、クリーニング「○」… まず基本図形。洗濯は「たらい」、漂白は「三角」、...[続きはこちらから]

2015年11月掲載【企業クリーニング】企業クリーニングにはどのような種類があるかご存知ですか?

企業クリーニングにはどのような種類があるかご存知ですか? ドライクリーニング、ランドリー、ウェットクリーニング及び特殊品のクリーニングがあります。 私どもは、お預かりした品物の素材や汚れ、表示やお客様のご希望に応じてクリ...[続きはこちらから]

2015年11月掲載【企業クリーニング】ある看護師さんの本音

医療用白衣や予防衣等の衣類は、日々、病原菌やほこり、血液や体液などで汚れています。 たった1日着用するだけで見えない汚染が広がっていると考えられます 全国の医療機関では、70%程度は病院の提携するクリーニング会社や、院内...[続きはこちらから]