医療・介護系のユニフォーム

医療・介護の現場で求められるこれからの白衣

看護師や介護士にとって、白衣はとても大切なものです。白衣の役割は仕事に従事する看護師・介護士の仕事をはかどらせるだけでなく、院内の病原菌を抑える、患者さんの気持ちを和らげるといった側面も重視されます。

最近では白地が患者さんにとって気持ちを圧迫する可能性があるということで、青や緑といった色のバリエーションも増えています。

チェックポイント

1.抗菌性

医療・介護の現場に欠かせないのは何よりも清潔感安心です。最近の看護服や介護服は、細菌の繁殖を抑える制菌加工や汚れがつきにくく落ちやすい防汚加工が施されていますので価格面を考慮したうえで検討してみてください。

2.機能性

看護師はスカート型、介護士はパンツ型が多く選ばれていますが、実際の仕事に応じて動きやすい方を選ぶことが大切です。また、ポケットの位置や大きさ、特殊素材なども選択のポイントになります。

3.デザイン

カラーバリエーションはピンクやオレンジといった暖色系やブルーやグリーンといった寒色系など豊富に揃っています。暖色系はどちらかといえば温かい雰囲気、寒色系は安心できる雰囲気を作りますので、担当科目によって分けることも一つのアイディアかもしれません。

取引会社

ナガイレーベン株式会社/株式会社サンアロー/株式会社自重堂/住商モンブラン株式会社/フォーク株式会社/セロリー株式会社/チトセ株式会社/明石被服株式会社/オンワード株式会社/児島株式会社/ビームスその他

お問い合わせはこちらから