食品工場のユニフォーム

HACCPの強化はユニフォームから。トラブルを防ぐ工夫で作業をサポート

HACCPはすでに食品業界の常識として定着していますが、食の安全基準はそれを扱う工場の改善がもっとも重要です。食品工場用のユニフォームは、単に清潔を保つだけでなく、HACCPを強化するための工夫が随所に凝らされたものが多くのメーカーから提案されています。

扱う食品の性格や工場の性質を踏まえたデザイン選択によって、クレームやトラブルを未然に防ぐことも可能です。

チェックポイント

1.安全性

異物混入を防ぐためにポケットレスのエプロンや帽子の型を選んだり、立ち仕事で肩が凝らないように軽い素材を選んだりと実際の仕事に合わせた選択も大切な要素です。

また、食品の安全性はもちろん、火気や包丁を扱う場合の従業員の安全性も十分考慮することが必要です。細かい作業をするので作業性を考慮してご検討ください。

2.機能性

動きやすい、作業しやすいといった機能はもちろんですが、工場のラインが把握しやすい、作業者の役割が把握しやすいといった部分も全体の作業効率を引き上げるのに重要です。

ユニフォームの色分けによるラインの分割はもっとも簡単なライン分割の手法です。帽子の色や形を変えることでも区別をつけることができます。コストを抑えたい場合は、男女兼用のフリーサイズのユニフォームを選ぶこともできます。

主な取引先

株式会社サンアロー/株式会社セブンユニフォーム/住商モンブラン株式会社/チトセ株式会社/株式会社サンペックスその他

お問い合わせはこちらから