事務・セールス系のユニフォーム

会社のイメージを作る事務服。選択のポイントはデザインと機能性

会社の受付は来客者が最初に会う会社の従業員です。それだけに、事務系のユニフォームは企業イメージを強く意識したデザインが望まれます。

さらに普段の事務作業も姿勢を整えやすいフォームや疲れにくいフレームであることも、座り仕事が多い事務服としては最適です。デザインを重視するあまり、こうした特徴をおろそかにするとかえって作業効率が下がることもありますので慎重な選択が求められます。

チェックポイント

1.機能性

業務に必要なポケットがついているか、ネームプレートが付けられるか、携帯電話や筆記具を収納するポケットが あるかなど作業性も考慮する必要があります。

2.素材

クールビズが定着し、素材もかなり開発されてきました。収縮性や吸汗性なども含め検討してみてください。また、毎日の洗濯の事を考えると ある程度の生地の丈夫さや貸与枚数なども重要です。

3.流行(デザイン)

常に先進性に留意するという事は、 企業にとっても大切な事です。社外の人から洗練されたユニフォームであると認識してもらうのも企業イメージを 高める上で大切でしょう。また、従業員のモティベーションアップにもつながります。

取引会社

セロリー株式会社/フォーク株式会社/株式会社チクマ/株式会社ボンマックス/株式会社ヤギコーポレーション/福本服装株式会社/株式会社ジョア/株式会社サンリット産業/興和商事株式会社その他

お問い合わせはこちらから